隣のアルファロメオスパイダーsr4さんのブログ

思い立って25年前の中古車アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェsr4を購入したのでありのままの日常や体験を綴ります。

アルファスパイダー115 sr4を中古で購入して1ヶ月も経たないうちに故障した 〜故障発生時編〜

f:id:alfaspider115:20170527172839j:plain

夜に所用で出かけようとして数十メートル進んで異常を感じて車のエンジンを切ったら故障しました。 さっそく自動車保険のロードサービスを利用しました。

故障発生までの経緯

エンジンのセルを回す時のエンジンかかる時のタイミングとかかる直前の音が気になっていました。 数メートル走り、オーディオの電源が切れました。購入後すぐに1度だけ発生した現象です。

その時は一度エンジンを切ってもう一度エンジンをかけたらついたので、同じ要領で試してもエンジンがかかりません。 駐車した時にバッテリーをけっこう使ってしまっていたのかな?と思いきや、そうではなかったというのは後ほど書きます。

保険屋さんに連絡

電話をかけると、自動ガイダンスにしたがって、2つの選択を求められました

  • SMSを使ったやりとりを自分で出来る方は1番
  • 直接オペレータとやりとりしたい人は2番

でした。私は1番を選ぶと、SMSが届いたのでURLにアクセスすると位置情報が保険会社に通知され、電話が2〜3分でかかってきました。

1度目オペレータからの電話

「あっ、これCMでみるやつ。」と、そのプロセスを楽しんでいて、まず現象を伝えました。

そうすると

レッカー車を向かうように手配します。JAF会員のかたは専用のレッカーサービスを手配できますが入っていますか?場所の目印、車の色を教えてください。

と聞かれたのですが、入っていなかったので保険会社定型のレッカーサービス車を手配してくれ、場所情報を伝えました。

ロードサービスに向かう担当者さんに連絡をして、何分くらいで着くか確認後折り返しもう一度連絡します。

と言われたので待っていると、5分くらい電話がありました。

2度目オペレータからの電話

40分後くらいになりそうです。予定時間のxx時xx分にお客様が車にいなくて、ロードサービスに向かう担当者の待ちが発生した場合料金が発生することがあります。近くまで行きましたらドライバーが直接連絡をします。

と告知を受けました。

ドライバーから電話があり「あと10分ほどでつけそうです」と予定よりも30分ほど早く着きました。 到着予定時間はオペレーター情報と実態は違うことがあるようです。

ドライバーさんによると、私の自宅から車で5〜10分くらいの所に勤務先があるそうで、すごく近いそうです。

ロードサービス担当者到着後の対応

現象を改めて伝えました。

  1. バッテリーに測定器をつなぎ、電圧?を測定し下がっていることを確認
  2. ジャッキをバッテリーにつなぎ、エンジンを回すように指示
    • エンジンを繋いだ状態で測定器をつなぎ電圧?を測る
    • しかしあがってこない
  3. バッテリー異常ではなく、オイルネイター(発電機?ダイナモ?)の異常ではなはないかと伝えられる
  4. このままだとエンジンが切れるはずです。と言われる。
    • 計測器の電気の光り方が弱いことからそれがわかる
    • ブレーキを踏んでも落ちるらしい
  5. エンジンをとめ、レッカーして整備工場に持ち込むことを推奨される
    • このままだとエンジンがまたかからなくなるし移動もできないはずなので。

そして、故障車となりレッカー行きです。。。

レッカー対応をどうするか

ここでも二つの選択肢を求められました。

  • 夜間なので一度預かりして翌日に指定の工場に運ぶ
  • 自宅の駐車場に手押しで運ぶ

手押し!?と、まさかの提案にびっくりしたのですが、担当者さん人で動かせるようです。 そして、もう1個提案が。

  • 今日は自宅の駐車場に移動させて後日、2次配送という形でレッカーで指定の工場に運ぶ

というものです。これは任意の日と時間で後日調整ができ、指定の15万円分(約150km移動)を合算でできるとのこと。 ここは一度作戦立てしたいので、自宅の機械式駐車場にいれてもらうことにしました。

手押しで移動

私が運転席に乗り、担当者さんが手で押すことに。 キーをさしてエンジンを直前の位置までキーを回すことで、ニュートラルにオートマのシフトを移動させます。 そうすることで、手で押せる状態になるそうです。

ひとつ、「えっ?車ってそんな仕組みなの?」とびっくりすることがありました。 ブレーキを踏んでも効かないんです。ブレーキ踏んでいるのに車が押されて進んでいくんです。エンジンをかけていないとブレーキは利かないそうです。 勢いあまってぶつからないように、パーキングレバーで車を止めるというが手押し時のやりかただそうです。

ハンドル操作をしながら機械式駐車場まで5分ほど?で到達したのですが、機械式駐車場の段差になっている所でなかなか段差を超えられず、がんばってもらっていたところに、同じマンションの住民の方の車が到着し、声をかけて手伝ってくれました。

そうすると、やすやすと車は動きばっちりと台の上に移動することができました。 2010年代も終わろうとするころに、まさか車を手で押す体験がくるとは思ってもいなかったのでしょう。笑顔で手伝ってくれたのは強く心に残りました。

実は、一度カードキー操作でエラーになってしまったのですが、入庫時にセンサー検知で人が入ったことがわかったので、エラーとなったので、一度外に出して、キャンセル操作をしてからもう一度いれ、無事にカードキー操作ができることになりました。

普段と違う状況だとなかなか気づきにくいトラップ(事故をなくすための配慮で機械式駐車場のメーカー素晴らしい!)でしたが、手伝ってくれた住民の方のきづきがあって、アドバイスしてくださって感謝のかぎりでした。

当日最後の対応

ロードサービス担当者さん

ロードサービス担当者さんから疑問があれば質問を受けますと、言われ今後の流れと料金部分のことを確認し、ロードサービス&レッカーについては0円で済みそうな見込みでしたので、紙にサインをしてそこでお別れ。後ほど保険会社さんから連絡がある または 連絡して、2次配送について日程決めてくださいとのこと。基本的には期限はないので翌日でなくても構わないということを言われました。

保険会社さんのオペレータ

電話がかかってきました。 当日最後に対応してくださったオペレータさんはハキハキ系で、

配送先が決まれば連絡ください。また疑問があればどうぞ。

と言ってくださったので、料金面と回数だけ確認。150kmまで大丈夫らしいので、120km程度離れている購入店へ配送を視野に入れることができました。故障が起こることに条件面を上限に都度無償で対応できるとのことで、合算や回数制限がなくて安心しました。

まとめ

当日は、自分でも故障という場にでくわしても、意外と冷静でいられたことにびっくりです。 またロードサービスの条件がいいところに入るべきだなと、つくづく感じた一日でした。

無事元気になって戻ってきて欲しい!! 明日、購入店に相談してから、複数整備店に簡易見積もり電話をしてどこにレッカーするかは決めたいと思います。

故障入庫編へ続きます。

alfaspider115.hatenablog.jp