隣のアルファロメオスパイダーsr4さんのブログ

思い立って25年前の中古車アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェsr4を購入したのでありのままの日常や体験を綴ります。

アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェの中古市場をウォッチして傾向を把握した

スパイダーを購入するにあたって中古市場を約半年間(ヴローチェsr4購入前の3ヶ月と後3ヶ月)ウォッチして、購入後の体験も踏まえ気づいたことと、今の自分ならこう判断するというのを紹介します。

6ヶ月みた中でBestだと思ったスパイダーの車体と価格

kakaku.com

https://i.gyazo.com/7d04955827c2e0515021b2d77e3886e5.png

なにはともあれ、結局は具体的にどれがお勧めなの?という疑問もあると思いますので、最初に私がウォッチした中で価格・コンディションなど条件面でベストだと感じた車体を紹介します!それは… こちらです!!

購入後2ヶ月後に発見した車体。

現時点ではまだ売れ残っている様子です。もし誰かが私のスパイダーを115万円で買ってくれたら、私がこの車体に乗り換えたいくらいです(笑) 有償保証も別途つけれるそう。今出している修理対応がいまいちだったら本気で考えようかな。

  • 走行距離:43,400km
  • 価格:116万円
  • 駆動:AT

セールスポイント

1991 アルファロメオスパイダー ヴェローチェ D車 左H 禁煙車 A/T 屋内保管車両 弊社管理車両 シリンダーヘッドフルオーバーホール オルタネーター交換済み 整備多数 ガラスコート施工済み ポータブルナビ ワンセグTV セブリングマフラー 外品CDオーディオ スピーカー ETC シート張り替え済み スペアキー

店主より 当店のお客様が大切に使われていたスパイダーです。 オイル下がりの為、昨年シリンダーヘッドフルオーバーホールしました。 オルタネーター、イグニッションコイル、フューエルポンプ等、消耗品は一通り交換してあります。 内装のシートも張替え済みでもとても状態の良いお車です。 屋内保管のため、外装色もくすみはありません。 ガラスコート施工済み。

市場の傾向と分類

では、続いてつらつらと傾向を書き綴っていきます。

まずは市場のレンジ。グレードは一つだけで、基本的にAT/MTの違いだけです。 ただ私の視点で中古市場にあるスパイダー・ヴェローチェsr4を、主に3つのレンジに分けてみました。

  • 外車もしくはアルファロメオの旧車専門に扱っているお店のハイコンディション系
    • 200万円〜300万円内
  • 良くもなく・悪くもないどこか1点ウィークポイントがある決め手にかける系
    • 100万〜150万円
  • 訳あり・もしくはローコンディションレンジで敷居が低い系
    • 100万未満

それぞれ狙いようによっては魅力があり、どの価格帯でも条件がそろえば満足できるのがアルファスパイダーですね。

部品を交換しているか?

掲載時点で消耗品扱いの部品を交換したかどうかは納車後の走行安定性を大きく左右します。 部員交換リストを明記している車は購入の第一候補に入れるべきだと思います。

100万未満はほとんど部品交換に関して明記がありませんでした。

また、ミラーをクローム(シルバー)またはウッドハンドルに変更してある車は、前オーナーが思い入れやこだわりを持って扱っていた可能性が高く、面倒をみてくださっていた店が引き取って整備後販売しているというケースが多かったように思います。

この2つを狙えば、上物の可能性が高いです。

100万〜150万で部品交換がされている割合は10%〜20%くらいです。この価格帯を初期費用として払えるのであれば、時間をかければ目玉品と出会える可能性があり、コストパフォーマンスは一番あると思います。

200万以上は塗装状態があったり、シート張り替えまでしてある所が多かったです。

シートとダッシュボードに注目

シートのコンディションが悪いと値段が低くなる傾向になっている気がします。 少しだけ値はしますが、海外からシートカバーやシート自身の交換部品が買えるので致命的ではなく、トレードオフの一つに入れてもいいのでは?と思います。シート以外のコンディションもけっこう重要です。

ダッシュボードはひび割れしやすいらしく、交換部品は存在しますが日本市場にはほとんどなく、ヒビが入っていると上物扱いされず、値が下がる傾向にあるように思います。専用のダッシュボードカバーをつけるというのが対応策としてあるようで、エンジン周りの交換部品がされておりひび割れ対策ダッシュボードカバーがされているという、黄金パターンを多く見かけたので、ダッシュボードカバーがあればコンディションをポジティブに考えてもいいかもしれません。(カバーはわざわざ探さないと手に入らないので手が込んでいる可能性が高くなります)

保証はあるか?

150万円までの車にはほとんどついていないことが多いです。購入後1ヶ月程度で諸症状がでることが多いように思いますので、保証は圧倒的なアドバンテージになります。例えば「3000kmまたは3ヶ月間どちらか早い方」というような保証期間となります。保証はつけたくても断られることが多いので、10万円高くなったとしても、安心感として十分元はとれるのではないでしょうか。(車のパーツ交換を自分でできない私のような人ならば)

車の中古保証のことはよく知らなかったのですが、購入店の方が親切に教えてくれました。 一般的には保証付きといっても内容ついては、消耗部品と言われる部品の不具合(例えばオルタネイターやファンベルトのようなもの)は補償対象外になるそう。エンジンはミッションなどの大きな部品が対象で、規約で細かく対象範囲が決められているそうです。メーカーが定めている重要部品保証期間に沿って、中古保証をつけるかどうかの可否を決めているそうです。

お店によっても保証の規定が大きく違うと思うので、購入前に要確認ですね。

走行距離

スパイダーはスピードメーターを交換して利用されているケースもあり、走行距離不明 と表記されていることがあります。これくらいの古さになってくいると、走行距離も大事ですがどれだけ部品交換されたり丁寧な扱いを受けてきたかの方がコンディションに影響するらしく、10,000km程度差なら気にしなくてもいいと思いました。

  • 40,000km〜
    • 付加価値がつく
  • 80,000km〜
    • 標準的
  • 100,000km〜
    • 安さに繋がる

これくらいの単位で値段に影響しているように見えました。本当に40,000km台なの?と疑心暗鬼になります。数千円で距離偽装(交換履歴)がないかをチェックしてくれる車団体が存在しているので、そちらを利用してもいいでしょう。

JAAI 走行メーター管理システムについて

中古車業界の健全な発展と消費者保護の観点から、日本オートオークション協議会が開発したシステムで、オークション会場に出品された中古車の走行距離のデータを蓄積し、データベースとして集中管理  することにより、オークションに出品される中古車から走行メーターに関する不正車輌を排除することを通じ、不正行為を未然に防止することを目的としています。

塗装

オリジナルはポジティブ要素ではありません。赤は特に塗装にダメージを受けやすく、オリジナルだとコンディションがよくない傾向にあるかもしれません。 全塗装済み というのがプレミア感がでます。私のスパイダーは塗装状態が良くないほう*1なので、塗装が綺麗なスパイダーはいいなぁと思ってしまいます。

塗装代金はかなり高いらしいので、塗装状態や凹みや傷は値段に直結している印象がありました。

AT/MT

ATが3割、MTが7割くらいのバランスな気がします。2対8にはならず、時によっては4対6に近い方感覚値です。 値段はどちらでもかわりません。

幌交換をしているショップがあり、5万〜10万程度で交換できるので、幌がボロくても新品に交換するくらいの勢いでもいいかもしれません。私の幌は交換済みで綺麗な方と言われましたが、スクリーンに若干曇りがあり、自分で拭いた時かもしれないですが、かすかなこすり傷があります。

また、折り目もわりとすぐついてしまうので、購入時の幌の状態より機関系がしっかりしているかを重視した方がいいのでは?と思いました。

まとめ

づらづらと綴ってしまいましたが、個人的には150万くらいの部品交換済み、ワンオーナー、ウッドステアリング交換済みあたりしてある車体があれば狙い目で、即問い合わせで現物を見学させてもらいにいくというのがいいのではないでしょうか。

あまり、参考になるかわかりませんが、台数自体も少ないのでいい出逢いがあるといいですね!乗った時のエクスペリエンスは最高なので、きっと購入しても後悔はしないと思います。

*1:これはトレードオフで納得した上で購入した