隣のアルファロメオスパイダーsr4さんのブログ

思い立って25年前の中古車アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェsr4を購入したのでありのままの日常や体験を綴ります。

スパイダーから伝わってくる直振動のフィーリング

f:id:alfaspider115:20170824230303j:plain

まずは、この写真をご覧ください。

この坂道などで速度を意図的に押さえて欲しい時に使う段差みたいなの。 名前がわからないのですが、こいつの素晴らしさに気づいた今日この頃です。やさしさですね。

最近、私が凶悪だと思っているのが M型チャッターバー という突起物で、乗り換えるとネジが飛んで行くんじゃないかというくらいの衝撃を受けます。 最寄りの大型スーパーの駐車場の屋上=>2Fの坂と2F=>出口歩道前の坂に設置されているんです。

チャッターバー | 製品情報 株式会社吾妻製作所

http://www.azuma-ss.co.jp/product/chatterbar/img/products_chatterbar.jpg

国産車のセダンだと、同じチャッターバーを乗り越えても、「ゴトンッ」くらいの段差を超えた程度の衝撃なのですが、スパイダーで乗り越えると「バシンッ!!ゴンッ!」と直下型の衝撃で、まるでゴーカートの縁石越えのようです。一回乗り越えることにライフが減っていくような凶悪さを感じます。

装着しているタイヤは1世代前のLE MANS4を履いているので衝撃には強い方だとは思うんですよね。 LE MANS Vだと突起乗り越し比較が10%低減されているけど、どこまで実感できるものなんでしょうか。

やっぱり、そもそものサスペンション性能や足回り整備の違いなのかなぁ。

ハンドルも重めなので最新モデルで185/65R15サイズに落として試してみたいとも思いつつも、溝残もありまくりなのでもったいないし、投資するならクロームミラーやウッドハンドルに変えるところにまずは使いたいので、欲は留まるところを知りません。

まずは、最寄りのスーパーにチャッターバーから楕円の段差越えに交換してもらうことですかね(笑)