隣のアルファロメオスパイダーsr4さんのブログ

思い立って25年前の中古車アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェ・シリーズ4を購入したのでありのままの日常や体験を綴ります。

冬のアルファロメオスパイダーの古いエンジンとつきあい方

f:id:alfaspider115:20180202214209j:plain

4月末に購入して10ヶ月経ち、初めての冬がやってきました。 そして、雪だるまがつくれるくらいの積雪となるような雪も降りました。

週末に近場へのお出掛けで1〜2回程度、スパイダーを動かしていますが冬ならではだなと思う症状が感じています。

それは、エンジンをかけた直後の動作。エンジンの掛かり方は抜群に良いのですが、最初にバッテリーに行き渡らせる為に軽くフカして1000回転ほどエンジン回転をしているルーチンで ぶぉぉお〜〜〜と最後に踏み終わった時に、秋ごろまではアイドリング時のエンジンが安定したのが、バッテリーランプが消えるタイミングで少し揺れとエンジンの不安定さがあります。

寒さい所にエンジンをかけていきなり負荷をかけようとしてしまっているからだと思いますが、この時期はフカしてバッテリーを行き渡らせるのはやめた方がいいのでしょうか?どういう風に冬場取り扱ってあげるといいかがわかっていなく、痛めてしまっていないか心配です。

そして、走行直後はマフラーから排気ガス量(白い煙)が多くでている気がします。 写真だと煙がうまく映っていなくわかりにくいですが、ミラーからもくもくしている所が見えます。

f:id:alfaspider115:20180202213850j:plain

10分程走ると煙の量もほとんどでなくなり、エンジンも安定してきているような・・・

車自体の仕組みもよくわかっていなく、セダンの車もエンジンをかけた直後のパーキング時は高回転音がすごいので、こんなものなのでしょうか。

スパイダーと冬のつき合い方について、みなさまのアドバイスをお待ちしております!!