隣のアルファロメオスパイダーsr4さんのブログ

思い立って25年前の中古車アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェ・シリーズ4を購入したのでありのままの日常や体験を綴ります。

エニカでオーナーとしてカーシェアをしたが2回目もトラブルなしだった

f:id:alfaspider115:20180516003426p:plain

5月の特集はオープンカーのようですね。 これから少し暑くなりますのでちょっとズレているような...

今回は、先月に貸出しリクエストを頂き2回目をオーナーとしてカーシェア体験しましたので、その時のレポートを書きます。 メッセージのやりとりからすごく人柄も良さそうな方でお貸しすることが決まりました。

そして、今回もスパイダーの新たな発見がありました!

それが、トランクルームの広さです。 この初代スパイダーは車体が小さめということは、駐車場で実感していますが、トランクルームが以外と大きなようで小さいんですよね。 こどものキックボードの横幅ぎりぎりでトランクルームに収まる程度。

今回の貸出しにあたり、ドライブスポットの一つとして「ゴルフの打ちっ放しにでかけたいので、クラブを2〜3本持っていってもいいですか?入りますか?」と聞かれたので、「やってみたことないでわかりませんが、ぎりぎり大丈夫じゃないかと思います」というような回答をしました。 「では、当日入らなければ違う場所にいこうと思うのでひとまず持参しますね」ということになりました。

ゴルフバックの厚みはさすがにきつそうだけど、長さは斜めに入れたら大丈夫じゃないかと思っていた所、当日積み込んでみたらなんとギリギリアウト

ドライバーケースが以外と長くて収まりませんでした。 車の幅より長いんですね・・・ドライバーケース。

座席後ろにも横置きできず、助手席から間を通して後ろにすれば、収まるけど助手席の方が座りづらすぎて打ちっ放しは別の機会にするということで、プランBの場所に行かれました。

帰路ではノロノロ運転より酷い、全く動かないという激しい事故渋滞にハマってしまったらしく、小まめに連絡をくださったり、車の状態の事を心配してくださりました。エンジンに負担がかからないようにと気づかってくださり、「渋滞時にはエンジンを切りながらやりすごしましょうか?」と提案くださいましたが、「逆に普段やったことないルーチンの動作をさせると、プラグや電装系に負担がかかり、最悪のケースでエンジンがかからなくなってしまい立ち往生するほうがもっとまずいいので、アイドリングも安定しているしエンジン切らなくて大丈夫ですよ」と伝え、そのようにしていただきましたが、無事エンジン故障もなく、安定した状態のまま帰ってこられました。

最後の挨拶では、「なかなかこういった車は一生に一度くらいしか体験できないと思いますし、すごく楽しかったです」と言ってくださって、自分が最初にタイムズ・プレミアムで体験したかったそのままのことができて、よかったなと思いました。

また、予約リクエストが入ったのでそう遠くないうちに3回目のレポートを書くかもしれません!

2018/05/16 追記:

コメントでalhikoさんから以下のような質問を頂いたので、追記します。

Spiderでの渋滞、プレッシャーですよね。 水温計はどんどん上昇するし、オーバーヒートが心配になります。 そこで質問なのですが、貸出の時の注意点として、どんなことを伝えていますか? やはり、水温や電圧のこと、トランスミッションの留意点とかでしょうか。

貸出時の最大の注意点は3つで、

  • 幌スクリーンがキズがつかないように気をつけて頂くこと
  • 底を擦らないように気をつけて欲しい
  • スピードは法定速度を守って、急加速などせずいたわった運転をお願いしたい

です。メーターの見方は説明し2時間を目安に車休憩をして頂くことをお願いしておりますが、一日の制限距離を100km(目的や行きたい場所によって距離制限を緩めさせていただくこともあります)として設定させていただいているので、距離的にそこまで機関には負担をかけないのではと考えています。

ATなので、ニュートラルとドライブを頻繁に変えるのは避けてくださいというのも伝えますね。 電圧は、オルタネイター交換したばかりなのでまぁ大丈夫かなと。何かあったらエニカ保険でレッカーやレスキュー対応してもらう形になるし、あまり気にしてない方です。あと、パワステの負荷周りとしてハンドルを切りすぎてプシューとならないように、気をかけてもらえればということも言いますね。

実はこういったことをまとめた「初めてのスパイダーの扱い方」というハンドブックを自作しようと考えています。 見てもらえれば、こちらとしても楽だし、自身の定期チェックにも役立ちそうです。 ある程度できあがったらお披露目したいと思います。