隣のアルファロメオスパイダーsr4さんのブログ

思い立って25年前の中古車アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェ・シリーズ4を購入したのでありのままの日常や体験を綴ります。

今年の12ヶ月点検はバッチリでした

ガラージュ・ド・リュミエールさんにお世話になって早4年経ちました。

前回はバッテリー充電・オイル交換だったかな。

今回は駆動系で気になっているところはなく、多分大丈夫だろうと踏んでいました。

電装系で気になることが1つあり、そこだけお願いしました。

ETCリーダーの接触不良と思われる事象で、走行中電源が切れたり、つかなかったり。

配線をチェックと対応を依頼しました。

オイル交換も約半年強でタイミングはバッチリ。

かなりの台数が一気に依頼があった週のようで、2週間くらいかかるかもしれないけど、合間を見つけて作業できれば翌週の週末には完了できるかもとのこと。

引き取り

朝イチでお伺いしたら「早かったね。お昼くらいにくるかと予想していたから、まだ埃かぶっているよ」とのこと。元々洗車前に自宅の車庫で細かい塵や埃がある状態で預けさせていただき、梅雨時期で預けた夕方を含め数回雨も降ったから、気にはかかってました。

点検が終わったら洗車に行こうかなと考えていただけに、洗車していただけるのは嬉しい限りです。

ということで、時間を30分後くらいに再訪。

日常の小話をしながら、車の話題に。 「見えていないところにこそ仕事っぷりが宿る」的な話を聞き、「自分がそうして欲しいからそういう方針に自然となる」とのこと。なので、素人の私としても安心ができるのですが、「実際には作業をしている様子はなかなか見れないもので…」と言ったら、「うちは過程の見学は歓迎だよ」と仰っていました。確かに、現在入庫中の車たちを紹介してくださることも多く、今日もそういう話になってアルファロメオ75のエンジンオーバーホール中のエンジンルームと部品群を見せてくれました。

部品が綺麗で、エンジン以外に取り替えたものはこれとこれで、具体的なミッション機構の見えない部分ってここのことでと、部品を組み立てる内面の箇所を見せてくれました。

とても綺麗で、状態やオリジナルのことにも言及されています。

今回私のスパイダーのスパイダーAT車のオイルを計る棒(?)の先っぽのプラスチック部分が取れちゃっている事を教えてくださり、外れた部品が悪い影響はしないはずだけど、30年も経てばもろくなって気づくと取れちゃっているんだよねと。私だけじゃなく他の方もなっているそう。そこで、その部品を自作を考えているそうで構想を教えてくださいました。

次回の車検時にはお願いできそう。

ETCの電源も問題なく動いています。 「また同じ事象になったらいつでも言ってくださいね。配線取り直しも検討するから。」ということで、しばらく様子を見たいと思います。

という感じで、帰路でも特に気になるところはなく(前回は揮発性の臭いがあった)夏場を超えていけそうです。

最後に1点だけ気になったことは、ボンネットの塗装が剥がれかけているのか、今までワックスをかけるときにはなかった、箇所があったこと。

全塗装はやりたいなぁとは思うものの、結構な出費になるのでこの先のことを考えつつかなり気合を入れないと踏み切れない。リペアでなんとかならないかなぁ。自分でボディのリペアはできないので古い塗装と付き合っている方で、オススメの対応方法や選択肢をご存知の方がいれば教えていただけるとうれしいです。

アルファロメオスパイダー・シリーズ4を手にいれてから5年間維持に成功しました

購入直後のスナップショット

早いもので、もうスパイダーを購入してから5年が経ちました。

清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで手を出した旧車の世界ですが、 このブログにコメントをしてくださった皆様にも支えられて、わからないなりに理解を深めることができました。

たぶん、このブログ書くのは初めてのことなんですけど、子供が友達と遊ぶようなるであろう年齢までは維持したいという目標を立てて、簡単に手放す気にならないようにある制約をつけていました。

それは、自動車ローンです。

ローンを完済するまでの道のりと狙い

5年契約にて月々1万円くらいずつ支払うようにしておきました。 これ位であればいざとなれば何とでもなるし、ちょっとした事では手放そうという気にならないように自ら制約をかけておいたのです。それを先月で完済できてしまいました…

振り返って見ると一番キツかったのは、購入直後に面したオルタネーター不良とスピードメーター不良という故障が出た乗り出し時期でした。

その後は乗っていて走行不能に陥るような事もありませんでしたし、故障の予兆を見つけたら処置できて、不安がない状態にできたということで、健やかな旧車ライフを過ごすことができました。

名車は乗ってその良さがわかってくるモノなんだなぁとしみじみ感じました。 買ってよかった。 おじいちゃんになっても乗っていたいと思える車です。

これからのこと

今も気にいっているので目標を達したからといってすぐに処分する予定はなく、市場を見ても明らかに販売台数が減っており相場も1.5倍位になっている気がします。 体験も含めていつ乗るかというのも大事な気がしていて、受け継がられていくような車だと思うので、もし譲って欲しいという方がいたらコメントをくだされば検討はします。

一度手放してしまうと、再購入ができるとするとしたら子どもが独り立ちしてからになるだろうなぁ。

もう、ローンという制約を設けなくともうまく付き合っていけるはず。 車を含め自身のこと理解を深めるために、最初の数年をどう過ごすかは重要ですね。 買って満足でおしまいにならなくて、旅のお供にもちょうどいい。

エンジンのセルを回した時にホッとする瞬間は毎度です。 そんな気持ちになれる車。

まだまだ日常は続いていきますが、のんびりスローライフを送っていきたいと思います。

メーターケースのビビり音が解消した?

f:id:alfaspider115:20220417230133j:plain

ちょっと長めのお出かけに出た時、走行中にメータ周りからちょっとビビり音がしているのが気になりました。以前からたまに若干していたものの、そこまで気になるような感じじゃなかったんです。

そこで、信号待ち中にメーターケースのサイドをギュギュッと手で押してみたら、音がしなくなった。 昭和家電の叩いたら直る的なアレなのかな。 ガラス部分の振動だったと思うので、キチッとはまったってことですね。

めでたしめでたし。えっ!。

エンジンのかかり具合で春を感じる

f:id:alfaspider115:20220320183316j:plain

週末の乗り出しでセルを回してエンジンをかけても「キュルキュル」と言わず、すぐに点火するくらい暖かくなってきましたね。 オープンにしてドライブしたりお出かけを何度かしました。

近所のショッピングセンターに所用で出かけた際、ちょうど停めたかったエレベータ口にシルバーのsr4スパイダーを見かけたので横付けしてしまいました・・・

私が戻ってきた時にはまだ移動されていなかったので、たぶん気づかれていなかったと思われます。

車のコンディションはというと、バッチリで不安な所はありません。 世界情勢のもこともあり満タンで給油もしてみました。

仮に1.5倍になったとしてもそれほど走行距離を走るわけではないのでいいんですけど、パーツとかモノの輸入の方が気になりますね。 こうやって、のほほんとスパイダーに乗れていることに感謝をしたい。

川沿いの桜も開花してきたので、お花見ドライブも行きたいです。

また保険更新の時期がやってきました

f:id:alfaspider115:20220220144433j:plain

早いものでスパイダーを購入してまもなく丸5年。

購入から全く事故なく過ごしたので来年は12等級のようです。

忘れずに早割の更新をして、料率は 9-1-9-3 で合計 22でした。 去年と同じ程度の料率で国産車と変わらないレベルです。 いや、むしろ低かったりするかも。

値段は昨年より1000円程度安くなりました。

ネット型保険はすごいですね。 ほぼ同条件で半額くらいですので。

シュワラスターのマンハッタンゴールドを古い塗装の旧車に使ってみました

f:id:alfaspider115:20220207203713j:plain

シュアラスターのマンハッタンゴールドを購入して、正月明けの初洗車後にワックスをかけてみました。

拭き取りクロスは細かい繊維が舞って大変なことになりました。 ボディにも付着してこれはちょっと失敗だったなぁと…

1枚ずつの使い切りのシートの方が使い勝手が良さそうです。 鏡面仕立てにする仕上げクロスはいい感じでした。

最後の仕上げで綺麗に拭き残しもなく艶よく拭けました。 綺麗な拭き取りこそ洗車やワックスがけの真髄っぽい気がするので、気持ちよくできてよかったです。

いつも洗車をするとバックスクリーンも手入れをしていますが、今回は洗車するまでの期間が長かったので、随分と曇ってしまっていました。プラスチッククリーナーを使って曇りを綺麗に取り除いてあげて透明な状態を取り戻すことができました。

使い切ってしまったので、また前回と同じ「ソフト99 プラスチッククリーナー」を買い増そうと思います。

さて、ワンランク上のマンハッタンゴールドにした効果はどうかというと、そこまで劇的な違いは感じられなかったものの、パサパサだったインパクトより塗りやすさと伸びがよく古い塗装に艶出しをしてくれて、満足することができました。

千円程度の差であれば量もそれなりにありますし、マンハッタンゴールドを選べばよさそうです。

あと数年保持することができて、廃車になるまで乗り続けようという境地まで到達できれば全塗装するという野望も実行できるかもしれません。

飽きることない、いい車ですね。

ワックスの作業途中と結果

f:id:alfaspider115:20220207203738j:plain
雑にワックスを塗りたくりました

f:id:alfaspider115:20220207203815j:plain
ワックス後夕暮れのドライブにて

f:id:alfaspider115:20220207210523j:plain
ドライブにきたのは自然豊かで好きなスポットです

2022/02/08 追記

この記事を書いたあと、なんとなくシュワラスターのHPを見ていて使い方を間違っていることに気づきました。

www.surluster.jp

スポンジ 🧽 を軽く水に濡らしてから絞ったあと、押しつけて90度にスポンジを回すとのこと。 全く水に濡らして無かったからか、粉っぽいなと思っていたんですよね…

そうすると溶ける感じでワックスは伸びるはずなので、写真のようなワックスの固形が見えるような感じにはならないはず。

学びとして次回から気をつけよう。

オイル交換とバッテリーチャージのメンテナンスをしてもらった

f:id:alfaspider115:20220129210130j:plain

早いモノでもう1年の1/12が終わろうとしていますね。

年末にオイル交換をしてもらうと思っていたんですけど、なかなか予定があわず今日まで引っ張ってしまいました。

そして、年が明けてから洗車と新しいシュワラスターのマンハッタンゴールドというワックスをかけようと計画していたのに、オミクロン株の流行の影響もあって予定が狂って気づけば月末です。

そして、年末の買い出し依頼スパイダーに乗っていない事にきづき、3週間くらい乗っていなくてやばいかな… という感覚が1ヶ月経っていたという悲しさ。はい、バッテリーがあがってしまいました。

ということで、ガラージュ・ド・リュミーエルさんにオイル交換を兼ねて伺わせていただきました。

ロードサービスを利用しバッテリーチャージ

慣れたもので保険のサービスセンターに連絡して手続きをし(3分程度のやりとり)、自宅から15分範囲内にレッカーサービスの会社がきてくれることに。

今日のサービスマンの方は手際は良くなかったけど、さくっとバッテリーチャージをしてくださいました。そのままの足でガラージュさんまで向かいました。

チャージ後のアイドリング時のバッテリーの数値は13.2だそうで理想的な13.4から13.6に届いていなく、オルタネイターが弱くなっているかもとロードサービスのサービスマンの方から指摘され、「経過観察中です」と返答しておきました。

オイル交換

到着してすぐに作業に着手してくださいました。 まずオイル交換の準備を。オイル抜きの前にバッテリーの高速充電機を繋げて開始。

いつものTOTALの20W50の鉱物油を6本使ってオイルの入れ替えをしてくださったのですが、コロナ禍の影響がオイルにも出ていることを教えてくださいました。

TOTALはフランスの会社なのですが、製造ラインに遅れが出ているようで日本の在庫が枯渇しているそうです。国内最後の在庫ロットを纏めてついこのあいだ仕入れたばかりだそうで、これが切れてしまうと代替え品を使わないといけないとう状況だそうです。

フランスでは流通の遅れだけでなく雇用や生産の打ち切りが各社があるようで、大変っぽいです。部品が入ってこない分は自分で自作して対応せざるを得ないとのこと(それが対応できてしまうはすごい…)。

このタイミングで伺えたのはある意味ラッキーでした。半導体をはじめ世界各地でいろんなものが納期に影響が出ているのは知っていましたが、多岐に渡っているなぁと実感しました。イタリアはフランスほどではないらくしフランス車の周辺が大変な状況になっているとのことです。プジョーとかルノーとかはフランス車ですね。アルファロメオはイタリア車です。

それと、最近このエンジンオイルのボトル形状が変わった*1とのこと。 角の出っ張りがなくなって注ぎやすくなったと言っていました。 見ていたら以前の形状はボッコンボッコンと波打ってましたが、新しい方は牛乳のようには滑らかな注ぎっぷり。

交換前・後の色とエンジン音をチェックしていただきましたが、至って良好とのこと。安心しました。

バッテリー充電

夏頃に遅い梅雨的な頃にバッテリーあがりを起こしてしまったので、約半年ぶりです。 これから今日までは基本的にに2〜3週間おきには最低乗っていました。

冬場の雪がふる季節になってもバッテリーがあがってしまうことがなかったので、ぎりぎりだったかもしれないけど、3週くらいのペースで乗っていればなんとか大丈夫ということはわかりました。

オイル交換時間を含め1時間30分ほど充電し、機械の数値を見てもらい「もう大丈夫くらいな値になっている」ということで充電完了。

また、新しいバッテリーに交換してもいいかもしれないけど、もう少し様子を見てみることにしました。

電気周りの配線

ETCカードリーダーがたまにランプが消え、使えないことがあるので相談してみました。 1DINのパイオニアのデッキを前後に動かすと(USBケーブルで繋げると引っ張られてずれることがある)電源が入ったりきれたりすることがある。と伝えると、「オーディオやシガーソケットから取っているのかもね。それはあまりよくないなぁ」とのこと。

ETCはハンドル後ろのイグニッションから直に繋いで取るべきで、カラムケースをあけて配線チェックをすると時間がかかるということですので、次回の12ヶ月点検時に見ていただくことにしました。

帰路での様子

特に気になることはなく帰ってこれました。

スパイダーを購入直後のオルタネイター交換前の電装系の不安定な時はオーディオが瞬電され切れるという諸症状が数回あったんですけど、今はそのようなことはなく走っている時は安定しているのでまだ様子は見れそうだなという判断を自分でしています。 (つまりバッテリーへ全く供給していないという状況ではないはず)

ひさびさにドライブも兼ねて楽しかったです。

明日にでも洗車やワックスをかけたいなぁと。

スナップショット

f:id:alfaspider115:20220129210810j:plain
狭い空間でやってくださったんですけど、ネジを回してバッテリーを引き出せることを伝え忘れました…

f:id:alfaspider115:20220129210925j:plain
時計がリセットされバッテリーが放電されてしまったこと症状を察しました

f:id:alfaspider115:20220129212416j:plain
二つの器具を使って車体を底上げ

f:id:alfaspider115:20220129211120j:plain
バッテリーを充電中

f:id:alfaspider115:20220129211235j:plain
充電し始めです

f:id:alfaspider115:20220129211316j:plain
アイドリング時の様子

f:id:alfaspider115:20220129211404j:plain
帰宅後駐車場前にてエンジンファンが唸るとバッテリー数値が瞬間的に落ち込みます

2022/02/01 追記

そういえば、オイル交換をして貰っている時に、こういう状況が続けば一次的にアメリカ産の同質のオイルも検討範囲に入ってくるかもね。って言っていたことを思い出し、少し調べてみました。

シェンブロンというブランドの鉱物油20w50が1ダースで、10,000円を切るこのオイルを使っているユーザをちらほら見かけました。 悪くはなさうなんだけど、やっぱブランドイメージなのかな。よくわからん...

半年で6Lくらいなので、なんとでもなるかなと気楽に考えていると後で痛い目をみるのかなぁ。

https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/250267/car/146253/710219/note.aspx

*1:記事トップの写真左側が新形状、右側が旧形状